GAME'S fan

ソフト

ゲームに欠かせないのがハードとソフトです。このページではソフトについて書いていきます。

歴代ソフト売り上げベスト10

順位 タイトル 機種 売り上げ数
1位 スーパーマリオブラザーズ ファミコン 681万本
2位 テトリス ファミコン 423万本
3位 ポケットモンスター(赤) ゲームボーイ 418万本
4位 スーパーマリオランド ゲームボーイ 411万本
5位 ポケットモンスター(緑) ゲームボーイ 404万本
6位 ドラゴンクエストⅦ プレイステーション 400万本
7位 スーパーマリオブラザーズ3 ファミコン 384万本
8位 スーパーマリオカート スーパーファミコン 382万本
9位 ドラゴンクエストⅢ ファミコン 380万本
10位 ポケットモンスター(銀) ゲームボーイ 364万本

以上がベストテンです。順当なのもあればそうでないのもありますが(笑)。ただ、ファイナルファンタジーが入ってないのは意外でした。それと、強いのはやはりというかスーパーマリオシリーズです。ベスト10の中に4タイトルも入ってます。次いで、ポケットモンスターが3タイトル。ドラゴンクエストが2タイトルです。

また、あるサイトのハード人気投票でも(途中経過)ファミコンがダントツトップで「ゲームの偉大なるパイオニアだ!」、「今のような下品なゲームなどここにはない、それが本当のゲームだ」、「ゲームとは何か?その答えはここにある」などの意見が飛び交っていました。また、多いのではメガドライブ、テレビスポーツトロン、カセットビジョン、ゲームウォッチなども人気のようでした。レトロゲームだらけですが、その中で唯一、プレイステーション2が入っていました。昔のゲームがそんなに良いのか、それとも今のゲームがダメなのかはわかりませんが、どうしてこのような結果になっているのでしょうか?

シリーズ物の強さ

上の表でもわかるようにシリーズ物は強いです。では、その強さはどこにあるのでしょうか。実はシリーズ物は、前のソフトの売り上げに比例して強さが決まってきます。簡単に言うと、前のシリーズが面白かったから、今度もきっと面白いだろうと思うわけです。シリーズ物の人気の秘密はこれです。

では、ポケットモンスターの初期のモデルと言えるポケットモンスター(赤)と(緑)や、スーパーマリオブラザースが売れた理由はなぜでしょうか?これは、ゲームのシステム、口コミなどにもよると思いますが、宣伝効果も上手かったからではないでしょうか。

そもそも、宣伝とは、不特定多数に認知させること、それが第一です。まず、それで興味を持った人が買い。口コミで増える、面白いと思った人が増える。それにより、また買う人が出る。口コミが(以下略)によりシリーズ初期でも、買う人が出るということです。シリーズ物を作るにはおそらくその辺を考えて作ればFF、ドラクエ、ポケモン、テイルズなどが独占しているRPG界に一石投じれないでしょうか?

Valuable information

神奈川で家族写真を依頼
http://www.mpstudio.co.jp/

2017/4/13 更新